TOP ≫ 博多人形のできるまで

博多人形ができ上がるまでには、 伝統的技法によるいくつもの工程を必要とします。
土ねりから、面相の工程まで、一人の人形師が20〜60日の時を費やし精魂込めてつくりあげます。
あくまでも手作りの伝統を守り、伝統工芸品としての技術の向上に力を注いでいます。

【一】
土ねり、福岡近郊から掘り出した粘土を、乾燥、粉砕、などした後、たんねんに練り上げます。
【二】
原型、作者が構想を練り、 デッサンしたものに基づい原型をつくります。
粘土に、頭、胴、 手足 などを彫るように仕上げていきます。
【三】
型とり、原型から石膏で型をとります。?人体の姿が複雑な作品ほど一体を部分的に 数個あるいは、数十個に分けて 型取りをおこないます。
【四】
生地づくり、原型からとった石膏型に、 よく練り上げた粘土を、
型に貼り付けるような感じで、 押し詰めていきます。
【五】
焼成、むかいは松材を燃やし「空吹き」と呼ばれたらしいやり方で人形を焼いていました。
今はほとんど電気窯、ガス窯で焼いています。
【六】
彩色、人形を窯から出した後、胡粉などで、肌の部分を塗り、 次に着物の模様や 帯などの部分をかきこんでいきます。
【七】
面相、面相筆を用いて人形の顔の部分 をかきこんでいきます。
「口紅入れ」「目入れ」「まゆ毛かき」 などを行います。
【八】
完成、実写性に富んだ「美人もの」と呼ばれる
博多人形の 出来上がりです。



“博多人形の”特性と種類

〜艶・愛・健・闘・飾・福・魂・華・勇・能〜

博多人形を大別すると主に、美人もの、歌舞伎もの、能もの、風俗もの、道釈もの、童もの、節句ものがあります。

このよう博多人形の題材がバラエティに富んでいると言われるのも、それぞれ独自の趣を様々な変化に併せて作る常日頃の研究によるもので、日本画、彫刻等から学びとる芸術性への姿勢も、博多人形の性格に大きな影響を与えているのです。

博多人形のもつ特性は、素焼きに着色する落ち着いた感覚美、きめ細かい掘り込み等、独特的なものであり、これが博多人形の 持ち味、特性だといえます。